テーマ:倫理

反政治の必要性とは

井波律子『中国の五大小説(下) ――水滸伝・金瓶梅・紅楼夢』岩波新書、2009年 pp249-250 中国の人々は、「紅楼夢を読めば政治がわかる」 と言います。ここでいう「政治」とは、いわば 「関係性」 のことです。『紅楼夢』 の舞台は ひとつの「家」ですが、家といってもけっして 小さな話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反歴史の必要性とは

産経新聞、2014年6月6日付、9面記事 記事タイトル:天安門批判で中国「日本に言う権利なし」   中国外務省の洪磊報道官は5日の記者会見で、天安門事件から25年を 迎えた中国に人権尊重を求めた菅義偉官房長官の発言について、 日本軍国主義の歴史を持ち出して「日本には中国の人権状況について とやかく言う権利は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反政治の名言コーナー

①勢古浩璽『思想なんかいらない生活』、ちくま新書、筑摩書房、2004年 p266 いい加減な政治家がまた当選してくる。われわれ一人ひとりにあるのは、 たった 「一票」 の投票権だけである。この無力さは想像を絶する。<後略>  日本の選挙での投票率が低迷を続ける事態を 憂える方たちは、再考し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反歴史の名言コーナー

①著者:マーク ・ トウェイン、訳者:土屋京子 『ハックルベリー・フィンの冒険 (上)』 光文社古典新訳文庫、光文社、2014年 p18:かの『旧約聖書』のスーパースターたる「モーゼ」について、    一人称小説の主人公の語り <前略>そのうち、未亡人の話から、そのモーゼってのがずっと昔に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more