テーマ:歴史

ロマンチックに論じる「清代の中国」(その1)

(「皇貴妃の宮廷 (原題:多情江山)」の放映元、  「チャンネル銀河の公式サイト」が出典)  2015年、中国で放映された テレビ連続時代劇「多情江山」 (邦題「皇貴妃の宮廷」)の 初回の冒頭シーンのから 今なら司直の手に委ねられる べき、犯罪行為へと身を汚す、 悪役の皇后「ソルナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●「清代の中国」 に関する基礎知識――現在の中国を知るために、重要な歴史について

高島俊男 『本と中国と日本人と』 筑摩文庫、筑摩書房、2004年 p360:原文のルビは省略 中国のことをトータルに知るには、 清代について知るのが最も効率的 なのではないか、とわたしは かねがね思っている。   清は、秦にはじまって二千餘年つづいた 専制帝国の集大成であり、しかも時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反歴史の必要性とは

産経新聞、2014年6月6日付、9面記事 記事タイトル:天安門批判で中国「日本に言う権利なし」   中国外務省の洪磊報道官は5日の記者会見で、天安門事件から25年を 迎えた中国に人権尊重を求めた菅義偉官房長官の発言について、 日本軍国主義の歴史を持ち出して「日本には中国の人権状況について とやかく言う権利は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反歴史の名言コーナー

①著者:マーク ・ トウェイン、訳者:土屋京子 『ハックルベリー・フィンの冒険 (上)』 光文社古典新訳文庫、光文社、2014年 p18:かの『旧約聖書』のスーパースターたる「モーゼ」について、    一人称小説の主人公の語り <前略>そのうち、未亡人の話から、そのモーゼってのがずっと昔に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more